紀州新宮城絵図 きしゅうしんぐうじょうえず

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代中期/1708
紙本淡彩
縦98.5cm,横158.6cm
1舗

 宝永4年(1707)に新宮地方を襲った大地震により、破損した新宮城の石垣についての状況報告のために作成された絵図面で、袋の表書により、修理を幕府に届け出て許可を仰ぐため、江戸の紀伊藩邸宛てに提出された公図の控えであることが判明する。内閣文庫や広島・三原市立図書館にも新宮城および城下の絵図があるが、本品は上記のような特定の目的のために作成されている点で貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

紀州新宮城絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津軽弘前城之絵図
肥前全図
御城分間絵図
岩槻城并侍屋敷城下町迄総絵図
伊予国今治城図
ページトップへ