和歌浦名草山図屏風 わかのうらなぐさやまずびょうぶ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

江阿弥
こうあみ
江戸時代中期
紙本墨画
各隻縦150.7cm,横362.6cm
6曲1双

 屏風仕立ての作品にはめずらしい和歌浦・名草山の真景図で、右隻に東照宮から妹背山、左隻に名草山を描く。東照宮・天満宮・玉津島社・紀三井寺といった寺社の建物と境内周辺の様子が正確に描かれ、入江・砂州などの描写もかなり精度が高い。作者の法橋江阿弥とは、大坂の画人・安村江阿弥のことで、彼が延享元年(1744)以前に法橋位、宝暦12年(1762)以前に法眼位を得ていることから、本品の製作年代の範囲を把握することができる。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌浦名草山図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌浦天橋立図屏風
和歌浦図屏風
和歌浦図屏風
源平合戦図屏風
南蛮船駿河湾来航図屏風
ページトップへ