八王子付近の街 はちおうじふきんのまち

絵画  油彩画 / 明治 / 日本 

浅井忠 (1856-1907年)
あさいちゅう
1887年
画布,油彩
42.7 x 61.2cm

  江戸木挽町に佐倉藩士の子として生れる。はじめ南画家について花鳥画を学ぶ。英学、漢学を修めた後1876年洋画塾彰技堂に入り、同年設立の工部美術学校に入学し、フォンタネージに師事した。フォンタネージの帰国後、後任の教授への不満から退学し、十一字会を結成し洋画研究を継続する。浅井はこの時期フォンタネージから学んだ詩的自然主義を展開させていた。1989年「明治美術会」の創立に参加し、第1回展での作品には独自のリアリズムが表れている。1900年から2年間西洋画研究のためフランス留学を命ぜられ、ヴェルサイユ、グレーなどで多数の作品を制作している。この時期の作風は、水彩画に印象派への接近が見られる。帰国後京都高等工芸学校に任じ京都に移って、1903年聖護院美術研究所(1906年より関西美術院)を創立して後進の指導にあたった。  工部美術学校においてフォンタネージの薫陶を受けた浅井は、師の自然観を最もよく受け継ぎ、洋画の冬の時代にあってもよくその詩的自然主義を育んでいった。フォンタネージはバルビゾン派の影響を受けた、当時イタリアでは一流の画家で、その画技と人格は生徒たちから尊敬されていた。1889年、原田直次郎らと結成した「明治美術会」第1回展に出品した《春畝》は、フォンタネージの作風の追随ではなく、日本の風土に根差した独自のリアリズムを画面に表した作品として、高く評価されているが、その2年前に描かれた《八王子付近の街》もまた、東京近郊での写生を基とした、風景画として初期の代表作と考えられる作品である。遠景に山並みを配し、近景から中景へと田舎の道に沿って並ぶ家並みを描いているが、色彩の処理や構図法、光への注意深い配慮に、浅井固有の表現が感じられる作品である。(Kj.H.)

作品所在地の地図

関連リンク

八王子付近の街チェックした作品をもとに関連する作品を探す

曵舟
曵舟

浅井忠

小丹波村
小丹波村

浅井忠

秋景
秋景

久米桂一郎

大原女
大原女

浅井忠

横たわる裸婦
横たわる裸婦

佐分真

ページトップへ