明倫館練兵用西洋馬具 めいりんかんれんぺいようせいようばぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 

江戸時代末期
皮革製
長60.0、幅33.0、高43.0(cm)
1具
山口県萩市大字堀内355番地
郡司家旧蔵
萩博物館

長州藩(萩藩)の藩校明倫館で使用されたという所伝のある西洋式の鞍。竹製の鞭付き。日本の伝統的な鞍に比べ、皮革製のため柔軟性に優れている。洋学の導入に積極的に取り組んだ長州藩教育の一端を示す。嘉永2年(1849)に完成した新明倫館での洋式練兵に使用されたものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

明倫館練兵用西洋馬具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧萩藩明倫館之図
萩藩明倫古館之図
強兵場扁額
強兵場扁額

村田清風

相州警衛使用文箱
相南三浦郡上宮田長藩陣営之図
ページトップへ