東京日々新聞 山口県下賊徒追討図 とうきょうにちにちしんぶん やまぐちけんかぞくとついとうのず

木版画 / 明治 / 東京都 

伊藤静斎 (?~1887)
いとうせいさい
東京都
明治9年/1876年
大判錦絵
縦36.0、横74.5(㎝)
3枚続
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

前原一誠が率いた不平士族騒動萩の乱の様子を描いた錦絵。前原は松下村塾に学んで倒幕運動に奔走し、明治新政府の参議・兵部大輔を歴任したが、政府内で意見が合わなくなったことから辞職した。明治9年(1876)政府の方針に不満を抱く萩の士族を率い挙兵するも、敗れて処刑された。この絵図の中央には広島鎮台司令長官として騒動の鎮定に向かった陸軍少将の三浦梧楼が描かれ、その左側には不平士族に擁された馬上の前原、その同志奥平謙輔(図では謙助)の姿がある。

作品所在地の地図

関連リンク

東京日々新聞 山口県下賊徒追討図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩一戦録
萩一戦録

早川松山

明治小史年間紀事 兇賊暴動萩大戦之図
明治小史年間紀事 宇龍港ニテ賊魁捕縛之図
前原一誠檄文草稿
大日本海陸軍一覧
ページトップへ