遮光器土偶 しゃこうきどぐう

考古資料  土器・土製品類 / 縄文 / 日本  東北  宮城県 

縄文時代
高さ26.2cm
1点
泉沢貝塚

眼の部分の表現が、北方民族が用いた遮光器(サングラス)に似ていることから「遮光器土偶」という名がつけられた。東北地方の縄文時代晩、亀ヶ岡文化の代表的な遺物の一つ。高さ26.2cm。北上町泉沢貝塚。

作品所在地の地図

関連リンク

遮光器土偶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

遮光器土偶
遮光器土偶
遮光器土偶
銛頭
縄文土器
ページトップへ