光厳天皇宸翰御奉納心経 こうごんてんのうしんかんおんほうのうしんきょう

文書・書籍 / 室町 / 香川県 

光厳天皇 (1313~1364)
こうごんてんのう
香川県高松市
室町時代(延元元年)3月/1336
紙本墨書 巻子装
24.5×48.5
3
香川県高松市
香川県立ミュージアム
重要文化財

光厳天皇(1313~1364)が、延元元年(1336)伊勢大神宮、石清水八幡宮、春日大社の三社へそれぞれ奉納するために書写した般若心経。南北朝の動乱期に天皇となり、程なく廃されて仏道に入った23歳の光厳院が、世の安定を願って作ったものであろう。水戸徳川家から初代頼重に贈られたものの一つである。重要文化財。

作品所在地の地図

関連リンク

光厳天皇宸翰御奉納心経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

光厳院宸翰御奉納心経
後陽成天皇宸翰 御消息
紙本墨書 花園天皇宸翰御消息
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
後西天皇宸翰 御懐紙
ページトップへ