市川鰕蔵の竹村定之進 いちかわえびぞうのたけむらさだのしん

版画  木版画 / 江戸 / 日本 

東洲斎写楽筆
とうしゅうさいしゃらく
江戸時代/寛政6年(1794)
大判 錦絵
縦37.6 横25.0
1枚

「恋女房染分手綱」(こいにょうぼうそめわけたずな)に取材した作品。竹村定之進は丹波国由留木家の能役者で,不義の罪を犯した娘の身代わりに切腹するという悲痛な役どころ。おもねるような手の仕草とは裏腹に,口許には決死の覚悟が漂うなど,名優蝦蔵(五代目団十郎)の芸の深さを伝えてくれている。

作品所在地の地図

関連リンク

市川鰕蔵の竹村定之進 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

市川鰕蔵の竹村定之進
三世大谷鬼次の奴江戸兵衛
「松本米三郎のしのぶ」
市川団十郎の竹抜き五郎
八代目森田勘弥の駕篭舁鴬の次郎作
ページトップへ