毛抜形太刀 けぬきがたたち

その他の画像全2枚中2枚表示

平安 / 北海道 

平安後期/9世紀後半~10世紀前半
全長71cm、現存刃長53.3cm、反り2.5cm
1振
星の降る里百年記念館
保存処理済
芦別市

野花南木村遺跡から耕作中に単独で出土した。全身錆に覆われ刃先や柄尻を欠損している。製作技法から平安時代後期に造られた毛抜形太刀であるが、安土桃山時代ころの模古作とする説もある。

作品所在地の地図

関連リンク

毛抜形太刀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

滝里遺跡群出土遺物
金梨子地隅切葵紋散鞘毛抜形太刀拵
毛抜形太刀
滝の台遺跡 やりがんな
太刀〈銘三条(名物三日月宗近)/〉
ページトップへ