木戸孝允手習 きどたかよしてならい

 / 江戸 / 山口県 

木戸孝允 (1833~1877)
きどたかよし
山口県
天保14年8月7日/1843年
紙本・墨書・掛幅
本紙縦32.9、横23.6(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
木戸孝允旧宅襖下張り文書
萩博物館

木戸孝允(桂小五郎)が11歳の時の手習。書状冒頭の決まり文句である「一筆致啓達候」(いっぴつけいたついたしそうろう)と書いた行間の下方に「桂小五郎」と署名している。また上部中央に「癸八月七日」とあることにより、書いた日付までが明確である。署名の上には師匠が朱で「天晴見事々々」(あっぱれみごとみごと)と書き入れをしており、当時の萩城下の習わしとしては飛び切り上出来の評価とされる。ちなみに上出来は「見事」、上々出来は「見事々々」だったという。木戸孝允旧宅の襖の下張りから発見された珍しい資料。

作品所在地の地図

関連リンク

木戸孝允手習チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

斎藤弥九郎書簡
斎藤弥九郎書簡

斎藤弥九郎

手塚律蔵書簡
手塚律蔵書簡

手塚律蔵

木戸孝允詩書
木戸孝允詩書

木戸孝允

木戸孝允書簡
木戸孝允書簡

木戸孝允

ページトップへ