京都市祇園新橋(茶屋町 京都) きょうとし ぎおんしんばし(ちゃやまち きょうと)

その他の画像全5枚中5枚表示

その他 / 京都府 


祇園地区は茶屋町として形成され、祇園六町のうち新橋通りを中心とした東西約160メートル、南北約100メートルの範囲が保存地区である。建物は切妻造・桟瓦葺・平入、二階建で、元治2年(1865)の大火直後に建てられたものである。一階に格子をつけ、二階は座敷となって正面に縁を張り出して「すだれ」を掛けている。今なお、茶屋町として洗練された景観をみせている。

関連リンク

京都市祇園新橋(茶屋町 京都)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

京都市祇園新橋
金沢市東山ひがし(茶屋町 石川)
志摩
金沢市東山ひがし
篠山市福住
ページトップへ