月形樺戸博物館

明治14年から大正8年まで設置されていた国立の集治監「樺戸集治監」の資料を展示している。
樺戸集治監は、全国で3番目、北海道で最初に設置され、始めは農事監獄としてスタート。後に北海道の内陸部の過酷な道路開鑿に囚人を出役させ、開拓の基礎を築き大きな功績を残している。囚人は、刑期12年以上無期懲役で、重罪人と政治犯が収監されていた。
樺戸集治監は、北海道内の集治監の中心的な役割を果たし、重要な拠点となっていた。
所在地〒061-0592 樺戸郡月形町1219番地
問い合わせ0126-53-2322(役場産業課)
代表電話番号0126-53-2399(博物館)
ホームページhttp://www.town.tsukigata.hokkaido.jp/
館内案内4月1日から11月30日までの期間無休
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日12月1日から3月31日まで(冬季休館)
交通案内札幌から 列車   JR札沼線   1時間30分
      自動車  国道275号  1時間

所在地の地図

  • 美術館・博物館
ページトップへ