土門拳記念館 (酒田市写真展示館)

 1974年、酒田市名誉市民第1号となった土門拳は、自分の全作品を郷里酒田市に贈りたいといわれた。酒田市はそれにこたえ、1983年、日本最初の写真専門の美術館として、また、個人の写真記念館としては世界でも唯一のものとして誕生した土門拳記念館は、土門拳の全作品約70,000点を収蔵し、その保存をはかりながら順次公開している。
 敷地は、市街地から南西4kmに位置する飯森山公園の中に選び、美しい自然林と丘を背景として、前面に池を配し、広大な水田地帯を視野に収めながら、秀峰出羽富士(鳥海山)を眺望する絶好の場所に建物を据えた。
 設計は谷口建築研究所で担当したが、谷口吉生氏は、この美しい自然環境と建物をいかにして協調させるかを最も重視し、その協和する響きの中に、土門拳の芸術空間をより高純度に熟成することを主題とし、絶妙の建築造形美を創出した。(1984年第9回 吉田五十八賞受賞。1987年3月芸術院賞受賞)
 また、土門拳の友人たち、グラフィックデザイナー亀倉雄策氏は入口正面の銘板とポスター・チケットデザインを、彫刻家イサム・ノグチ氏は中庭に彫刻とベンチを、華道草月流家元勅使河原宏氏が庭園の作庭とオブジェを、それぞれに寄贈されたが、この友情のプレゼントが、記念館の芸術的趣を一段と高めている。
 2009年には、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星として格付けされた。
所在地〒998-0055 酒田市飯森山二丁目13(飯森山公園内)
問い合わせ0234-31-0028
代表電話番号0234-31-0028
ホームページhttp://www.domonken-kinenkan.jp/
館内案内9:00~16:30
休館日・4月~11月は無休
・12月~3月は毎週月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)
・年末年始
・展示替えのための臨時休館有り
交通案内■JR線
 ・東京-新潟-酒田……約4時間(上越新幹線-羽越本線)
※酒田駅から
 ・タクシーにて約10分
 ・るんるんバスにて約16分(土門拳記念館下車)

■庄内空港
 ・東京(羽田空港)-庄内空港……約60分
※庄内空港から
 ・タクシーにて約20分
 ・リムジンバスにて約30分(東北公益文科大学下車)

■お車の場合
 ・山形自動車道 酒田ICより約5分
 (飯森山公園内駐車場をご利用ください)

所在地の地図

ページトップへ