明治大学博物館

生涯学習活動の中心的役割を担うユニークな資料を活用した新しい大学博物館。収蔵資料を用いた入門講座も開講します。
【常設展示室】
[商品部門]漆器、染織品、陶磁器等の工芸製品は、日常的に接するもっとも身近な日本文化と言えます。展示では、商品の原材料、部品、製造技法、半製品から完成品にいたる製造工程、意匠の種別などを紹介しています。
[刑事部門]歴史的な法のさまざま、江戸の捕者具、日本や外国の拷問・処刑具など人権抑圧の歴史を語り伝える実物資料を展示しています。これらをとおして、罪と罰の世界にふれ、人間尊重に一層ご理解を深めていただければ幸いです。
[考古部門]本学では旧石器時代から古墳時代にいたる各時代の遺跡を調査研究しています。ここでは、半世紀以上にわたる考古学研究の成果を公開しています。いずれも日本考古学の発展を促した重要資料です。
【大学史展示室】
大学創立以来の歴史資料の調査・研究、資料収集、保存等を目的として、大学史資料センターが設置されています。同センターの運営により、創立者や教職員・学生・校友に関する多彩な資料を展示しています。
【特別展示室】
博物館の主催する特別展覧会が開催されるとともに、学内の諸機関・団体による学術資料の公開、研究活動や芸術活動のスペースとして、さまざまな展覧会の開催に供します。
所在地〒101-8301 千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモン地階
問い合わせ03-3296-4448
代表電話番号03-3296-4448
ホームページhttp://www.meiji.ac.jp/museum/
館内案内10:00~17:00
休館日夏期休業日(8/10~16)
冬季休業日(12/26~1/7)
※8月の土・日曜に臨時休館があります。
交通案内JR「御茶ノ水」駅(御茶ノ水橋口)徒歩5分
東京メトロ丸の内線「御茶ノ水」駅 徒歩8分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」駅(B1出口)徒歩8分
都営新宿線・三田線/東京メトロ半蔵門線「神保町」駅(A5出口)徒歩10分

所在地の地図

ページトップへ