香芝市二上山博物館

二上山と3つの石─よみがえる旧石器時代─
 奈良県と大阪府の境に接し、左右に金剛・葛城山系と信貴・生駒山系をしたがえ、四季折々、季節の移ろいのなかでその優美な姿を変える二上山。『万葉集』にも詠まれ万葉の「ふたかみやま」として古代史の舞台ともなりました。しかし、それよりもはるか昔、千数百万年前には大噴火をした火山です。その活発な火山活動によって多くの火成岩が分布していますが、なかでもサヌカイト、凝灰岩、金剛砂(ガーネット)はその後の人類文化の発展に大きく寄与した岩石、鉱物です。
 香芝市二上山博物館は、この3つの石に焦点を合わせ「全国初 旧石器文化を紹介する石の博物館」として、平成4年4月に開館しました。
所在地〒639-0243 香芝市藤山1-17-17 香芝市文化施設 ふたかみ文化センター内
問い合わせ0745-77-1700
代表電話番号0745-77-1700
ホームページhttp://www.city.kashiba.lg.jp/life/shisetsu/hakubutsukan/
館内案内9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日月曜日(祝日と重なる場合は開館し翌平日を休館)、年末年始(12/28~1/4)。
交通案内電車/近鉄下田駅下車、西へ徒歩約8分。JR香芝駅下車、西へ徒歩約12分。
自動車/西名阪香芝I.Cから南へ約15分。駐車場あり(無料)。

所在地の地図

ページトップへ