新見美術館

郷土出身の故横内正弘氏から寄贈を受けた美術品約350点をもとに、地域文化の向上をめざし平成2年11月に開館。中世新見庄名主屋敷跡に建つ美術館の外観は、中世風のイメージをあらわすために、入母屋・銅板葺きの屋根と、外壁に石を使い、この地方の風土と歴史を盛り込んだ均整のとれた美しい姿をしています。現在1100点を収蔵しており、その中心となる富岡鉄斎の作品約70点は高い評価を受けています。その他、近現代の日本画、郷土ゆかりの洋画家や工芸家の作品などを収集展示しています。
所在地〒718-0017 新見市西方361番地
問い合わせ0867-72-7851
代表電話番号0867-72-7851
ホームページhttp://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/
館内案内午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日原則月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、展示替期間中、年末年始(12月27日~1月4日)
交通案内JR新見駅から徒歩7分、中国道新見ICから車で5分

所在地の地図

ページトップへ