広島城

天正17年(1589)から、戦国武将毛利輝元によって築城が開始された城。関ヶ原の戦い後、福島正則、浅野長晟と代わり、以後浅野氏が版籍奉還まで12代250年にわたって城主をつとめました。明治維新後も天守閣は残り、国宝に指定されていましたが、昭和20年(1945)8月6日の原爆投下によって倒壊しました。
昭和33年(1958)に復興のシンボルとして再建された現在の広島城天守閣は、平成20年に再建50周年を迎えました。二の丸では、平成元年~6年までに表御門・御門橋・平櫓・多聞櫓・太鼓櫓なども復元されました。
天守閣内は、広島の城下町の発展や生活の様子、武具・甲冑などを展示する歴史博物館になっています。また、鎧やかぶと・裃などの試着体験コーナーも登場!最上階の5層は展望室となっており、天気のよい日は、安芸の宮島を見ることもできます。
所在地〒730-0011 広島市中区基町21番1号
問い合わせ082-221-7512
代表電話番号082-221-7512
ホームページhttp://www.rijo-castle.jp
館内案内9:00~18:00
(12月~2月の平日は9:00~17:00)
ただし、入館はいずれも閉館30分前まで
休館日年末年始(12月29日~1月2日)
交通案内市内電車 紙屋町東または紙屋町西下車、北へ徒歩約15分

所在地の地図

ページトップへ