北九州市立小倉城庭園

 当館は、江戸時代小倉藩主の下屋敷(したやしき:外交・儀礼の場)の発掘遺構を利用し、江戸時代の大名屋敷を再現した建物に付設された博物館です。
 藩主小笠原氏は、徳川将軍家で礼法や流鏑馬(やぶさめ)などの弓馬術を教えていた「小笠原宗家」と、古くは同族でした。
 当館では、このような歴史をふまえ「伝統的な生活文化の継承の拠点」、「ゆかりのある礼法の思いやりやもてなしの心を次世代に継承する施設」という全国でもめずらしい趣旨を掲げた博物館として、関係する史料の収集や年間五回の企画展示を行なっています。
所在地〒803-0813 北九州市小倉北区城内1-2
問い合わせ093-582-2747
代表電話番号093-582-2747
ホームページhttp://www2.kid.ne.jp/teien/
館内案内【4月~10月】9:00~18:00(入場は17:30まで)
【11月~3月】9:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日年末のみ※年度によって変更の場合あり
交通案内□JR小倉駅から徒歩約15分
□JR西小倉駅から徒歩約10分
□小倉駅バスセンターからのバス利用

所在地の地図

  • 美術館・博物館
ページトップへ