筆の里工房

筆の里工房は、「熊野筆」という地域の特性を活かし、魅力あるまちづくりの中心的な役割を担う施設として、熊野町が1994(平成6)年に建設した博物館で、一般財団法人筆の里振興事業団が運営しています。質量ともに日本に現存する唯一最大の「筆の収蔵品」(木村陽山コレクション)を背景とした、日本の筆づくりの歴史に関する調査研究及び資料収集を図るとともに、筆の織りなす文化(書、絵画、工芸、化粧など)を紹介しています。
また180年の歴史と匠の技を誇る「熊野筆」のブランド化を推進するオフィシャルショップ「熊野筆セレクトショップ本店」を併設しており、書筆、画筆、化粧筆約1,500種類を販売しています。
所蔵品一覧へ
所在地〒731-4293 広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1
問い合わせ082-855-3010
代表電話番号082-855-3010
ホームページhttp://www.fude.or.jp
館内案内午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
交通案内【バスで】 ・広島バスセンターから約45分
広電バスの熊野萩原行 または 熊野町営業所行 乗車
・JR呉線矢野駅から約15分
広電バスの熊野萩原行 または 熊野町営業所行 乗車
・JR呉駅から約35分
広電バスの熊野町営業所行乗車
※いずれも熊野町営業所で下車し、最寄りのタクシーで約7分
【お自で】 ・西より、
山陽自動車道広島東ICから約25分(23km)
広島高速道路、海田大橋、広島熊野道路を経由
・東より、
東広島呉道路黒瀬ICから約15分(9km)
山陽自動車道高屋JCY/ICを経由
【駐車場】 普通車84台・大型バス3台(無料)

所在地の地図

ページトップへ