ヘルプ

世界遺産と無形文化遺産

世界文化遺産の登録までの手続き等

1 「暫定リスト」を作成し世界遺産委員会へ提出
我が国を代表(国宝等)し、「顕著な普遍的価値」を有する資産
世界遺産委員会の登録方針に適合する資産
↓
2 推薦準備作業
「顕著な普遍的価値」の証明
「世界遺産条約履行のための作業指針」の登録基準への適合
資産の真実性の証明(意匠、材料、技術、環境がオリジナルな状態を保っていること)
国内における万全の保護措置
世界遺産構成資産の文化財保護法による指定
緩衝地帯(資産を重層的に保護するために利用を制限する地域)の設定
保存管理計画の設定 等


↓
3 推薦書作成
4 推薦の決定
(1) 文化審議会文化財分科会(文化庁の推薦決定)
(2) 世界遺産条約関係省庁連絡会議(政府の推薦決定)
↓
5 推薦書(暫定版)を世界遺産委員会へ提出(9月30日締め切り)
6 推薦書を世界遺産委員会へ提出(翌年2月1日締め切り)
7 国際記念物遺跡会議(ICOMOS)で審査(現地調査を含む)
8 世界遺産委員会で審査・登録の可否を決定(翌年6月頃開催)


ページトップへ