ヘルプ

世界遺産と無形文化遺産

紀伊山地の霊場と参詣道 (世界遺産登録年:2004年)


紀伊山地の霊場と参詣道
 紀伊山地は本州最南端、太平洋に張り出す紀伊半島に位置し、標高1,000m~2,000m級の山脈が縦横に走り、年間3,000mmを超える豊かな降水量が深い森林をはぐくむ山岳地帯です。
 紀伊山地は太古の昔から自然信仰の精神を育んだ地で、6世紀に仏教が伝来した以降、紀伊山地は真言密教を始めとする山岳修行の場となりました。中でも、山岳修行により超自然的能力を獲得することを目的として10世紀中ごろから11世紀代に成立した修験道は、特に大峰山系の山岳地帯を中心的な修行の場としていました。また、9~10世紀に広く流布した「神仏習合」思想(日本古来の神々は仏教の諸尊が姿を変えて現れたものとする日本固有の思想)の聖地としても信仰を集めていました。
 さらに、10~11世紀頃の日本では「末法思想」(仏法が衰え世も末になるという思想)が流行し、死後に阿弥陀仏の居所である極楽浄土に往生することを願う「浄土宗」という仏教の教えが貴族や庶民の間に広まりました。これに伴って、都の南方に広がる紀伊山地には仏教諸尊の浄土があると信じられるようになり、この地の霊場としての性質がいっそう強まりました。この地方の神聖性がことさら重要視されるようになった背景には、深い山々が南の海に迫るという独特の地形や、両者が織り成す対照的な景観構成などが大きく影響していたものと考えられています。

 このような特有の地形及び気候、植生などの自然環境に根ざして育まれた多様な信仰の形態を背景として、「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」と呼ばれる顕著な三つの霊場とそれらを結ぶ「参詣道」が形成されました。


■霊場「吉野・大峯」(よしの・おおみね)
 紀伊山地の最北部にあり、三霊場の中で最も北に位置しています。農耕に不可欠の水を支配する山あるいは金などの鉱物資源を産出する山として崇められた「金峯山」を中心とする「吉野」の地域と、その南に連続する山岳修行の場である「大峯」の地域からなっています。修験道の中心的聖地として発展し、10世紀の中頃には日本第一の霊山として中国にもその名が伝わるほどの崇敬を集めるようになりました。日本中から多くの修験者が訪れ、「吉野・大峯」を規範として、全国各地に山岳霊場が形成されていきました。<構成資産>
吉野山(よしのやま)、吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)、金峯神社(きんぷじんじゃ)、金峯山寺(きんぷせんじ)、吉水神社(よしみずじんじゃ)、大峰山寺(おおみねさんじ)

■霊場「熊野三山」(くまのさんざん)
 紀伊山地の南東部にあり、相互に20~40kmの距離を隔てて位置する「熊野本宮大社」、「熊野速玉大社」、「熊野那智大社」の三つの神社と「青岸渡寺」及び「補陀洛山寺」の二つの寺院からなっています。三つの神社はもともと個別に自然崇拝の起源を持っていたと考えられます。10世紀後半は他の二社の主祭神を相互に合祀するようになり、以来「熊野三山」あるいは「熊野三所権現」と呼ばれ、多くの皇族・貴族の崇敬を集めるようになりました。「青岸渡寺」及び「補陀洛山寺」は、「熊野那智大社」と一体となって発展してきた寺院で、神仏習合の形態をよく保っているものです。<構成資産>
熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)、熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)、熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)、青岸渡寺(せいがんとじ)、那智大滝(なちのおおたき)、那智原始林(なちげんしりん)、補陀洛山寺(ふだらくさんじ)

■霊場「高野山」(こうやさん)
 「吉野・大峯」の西南西約30kmに位置し、空海が唐からもたらした真言密教の山岳修行道場として816年に創建した「金剛峯寺」を中心とする霊場です。「金剛峯寺」の伽藍は、真言密教の教義に基づき本堂と多宝塔を組み合わせた独特のもので、全国の真言宗寺院における伽藍の規範となっています。また、「丹生都比売神社」の祭神は、高野山一体の地主神で、空海にこの地を譲った神と伝えられ、「金剛峯寺」の鎮守として祀られたものです。<構成資産>
丹生都比売神社(にうつひめ)、金剛峯寺(こんごうぶじ)、慈尊院(じそんいん)、丹生官省符神社(にうかんしょうふ)

■参詣道(さんけいみち)
 三霊場に対する信仰が盛んになるにつれて形成され、整備された「大峯奥駈道」、「熊野参詣道」、「高野山町石道」と呼ばれる三つの道です。これらの道は、人々が下界から神仏の宿る浄域に近づくための修行の場であり、険しく清浄な自然環境のなかに今日まで良好な状態で遺り、沿道の山岳・森林と一体となった文化的景観を形成しています。「大峯奥駈道」は、「吉野・大峯」と「熊野三山」の二大霊場を結ぶ山岳道で、修験道の最も重要な修行の場です。「熊野参詣道」は、「熊野三山」に参詣する道で、京都方面からの参詣のために最も頻繁に使われた「中辺路」、「高野山」との間を結ぶ「小辺路」、紀伊半島の南部の海沿いを行く「大辺路」、伊勢神宮との間を結ぶ「伊勢路」からなっています。「高野山町石道」は、一町ごとに町石と呼ばれる石製道標が立つ道で、高野山下の慈尊院から高野山奥院にかけて空海が開設した参詣道です。<構成資産>
大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)<玉置神社(たまきじんじゃ)を含む>、熊野参詣道(くまのさんけいみち)≪中辺路(なかへち)<熊野川(くまのがわ)を含む>・小辺路(こへち)・大辺路(おおへち)・伊勢路(いせじ)<七里御浜(しちりみはま)、花の窟(はなのいわや)を含む>≫、高野山町石道(こうやさんちょういしみち)

記載物件名 「紀伊山地の霊場と参詣道」(Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range)
具体的な物件 吉野山(よしのやま)、吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)、金峯神社(きんぷじんじゃ)、金峯山寺(きんぷせんじ)、吉水神社(よしみずじんじゃ)、大峰山寺(おおみねさんじ)、熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)、熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)、熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)、青岸渡寺(せいがんとじ)、那智大滝(なちのおおたき)、那智原始林(なちげんしりん)、補陀洛山寺(ふだらくさんじ)、丹生都比売神社(にゅうつひめじんじゃけいだい)、金剛峰寺(こんごうぶじ)、慈尊院(じそんいん)、丹生官省符神社(にうかんしょうふじんじゃ)、大峰奥駈道(おおみねおくがけみち)、熊野参詣道中辺路(くまのさんけいみちなかへち)、熊野参詣道小辺路(くまのさんけいみちこへち)、熊野参詣道大辺路(くまのさんけいみちおおへち)、熊野参詣道伊勢路(くまのさんけいみちいせじ)、高野山町石道(こうやさんちょういしみち)
所在地 三重県 尾鷲(おわせ)市、熊野(くまの)市
     度会(わたらい)郡大紀町、北牟婁(きたむろ)郡紀北町、南
     牟婁(みなみむろ)郡御浜(みはま)町・紀宝(きほう)町
奈良県 五條市
     吉野(よしの)郡吉野(よしの)町、黒滝(くろたき)村、天川
     (てんかわ)村、野迫川(のせがわ)村、十津川(とつかわ)
     村、下北山(しもきたやま)村、上北山(かみきたやま)村、川
     上(かわかみ)村
和歌山県 新宮(しんぐう)市、田辺(たなべ)市
     伊都(いと)郡 かつらぎ町・九度山(くどやま)町・高野(こうや)町
     西牟婁(にしむろ)郡 白浜(しらはま)町、すさみ町
      東牟婁(ひがしむろ)郡 那智勝浦(なちかつうら)町
推薦年月 平成15年1月
記載年月 平成16年7月
区分 文化

那智大社(社殿)
那智大社(社殿)
熊野参詣道(伊勢路:熊野の鬼ヶ城附獅子巌)
熊野参詣道(伊勢路:熊野の鬼ヶ城附獅子巌)
金剛峯寺(金剛三昧院多宝塔)
金剛峯寺(金剛三昧院多宝塔)
ページトップへ