太刀〈銘国俊/〉 たち〈めいくにとし〉

工芸 / 鎌倉 / 北海道

  • 国俊
  • 鎌倉
  • 身:鎬造、庵棟、笠木心に浅く反る
    地:板目肌沸付、棟焼あり、鎬地柾目心
    刃:小乱、匂深く沸く付き、上半は匂勝にて横手の上下は沸くふかし、焼幅広し
    帽子:沸く強く大焔状…
  • 長76.1㎝ 反1.8㎝ 元幅3.0㎝ 先幅1.8㎝ 鋒長2.9㎝ 茎長さ22.7㎝
  • 1口
  • 重文指定年月日:19330123
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 個人
  • 国宝・重要文化財(美術品)

鎬造、庵棟、笠木心に浅い反り、鍛は板目、地沸付き「チケイ」入り、刃は焼巾広く小乱れ、匂深く沸付き、上半は匂勝ちなるも横手の上下は沸強く、帽子は火焔心で、棟焼あり。茎は区を少し摺り上げ、切の鑢目付。二字国俊の穏秀な作である。

太刀〈銘国俊/〉

ページトップへ