旧尾形家住宅(千葉県安房郡丸山町) 主屋 おがたけじゅうたく しゅおく

建造物 住居建築 / 江戸 / 関東

  • 千葉県
  • 江戸中期/1728
  • 桁行12.8m、梁間10.0m、寄棟造、茅葺
  • 1棟
  • 千葉県南房総市石堂301番地
  • 重文指定年月日:19690620
    国宝指定年月日:
  • 丸山町
  • 重要文化財

尾形家は中条流の医者尾形宮内を初代とし、その後この地で名主をつとめたこともある家柄の旧家である。この住宅は十八世紀前半に建設された上層農家で、平面は大型農家の一典型を示しており、千葉県内民家の中では重要な遺例である。

旧尾形家住宅(千葉県安房郡丸山町) 主屋 おがたけじゅうたく しゅおく

ページトップへ