大橋家住宅(岡山県倉敷市阿知) 米蔵 おおはしけじゅうたく こめぐら

建造物 住居建築 / 江戸 / 中国・四国

  • 岡山県
  • 江戸後期/1799
  • 土蔵造、桁行10.9m、梁間5.9m、二階建、切妻造、本瓦葺
  • 1棟
  • 岡山県倉敷市阿知三丁目21番31号
  • 重文指定年月日:19780121
    国宝指定年月日:
  • 重要文化財

大橋家は金融業を兼ねた大地主として財を成し、「新禄」の一として栄えてきた旧家で、寛政年間に建てられた主屋、表門、米蔵、内蔵が重要文化財に指定されている。一部の建物や敷地が失われているが、主要部分は建物、敷地ともよく旧状を保っており、倉敷における大地主の屋敷構えを示すものとして重要である。

大橋家住宅(岡山県倉敷市阿知) 米蔵 おおはしけじゅうたく こめぐら

ページトップへ