高野山霊宝館南廊及西廊 こうやさんれいほうかんみなみろうおよびにしろう

建造物 宗教建築 / 大正 / 近畿

  • 和歌山県
  • 大正/1920
  • 木造平屋建,鉄板葺,建築面積203㎡
  • 1棟
  • 和歌山県伊都郡高野町高野山306
  • 登録年月日:19980902
  • 財団法人高野山文化財保存会
  • 登録有形文化財(建造物)

紫雲殿の西面に発し,南西隅で矩折れ放光閣の南面に接続する梁間21尺の廊で,南西隅に宝形の隅櫓を載せてヴォリュームのバランスをとっている点に特徴がある。南廊は古文書及び美術工芸品の,隅櫓部は大師関係品の,西廊は仏像彫刻の展示室に充てる。

高野山霊宝館南廊及西廊 こうやさんれいほうかんみなみろうおよびにしろう

その他の画像

全2枚中 2枚表示

高野山霊宝館南廊及西廊高野山霊宝館南廊及西廊
ページトップへ