瀬戸黒茶碗(小原木) せとぐろちゃわん(おはらぎ)

工芸 陶磁 / 安土・桃山 / 近畿

  • 京都府
  • 桃山/16~17世紀
  • 黄白色陶胎、半筒形を呈する茶碗。やや小振りで轆轤成形の後、胴部をゆるやかに歪ませるが、上部にはやや大きな変化を作り出す。口辺には穏やかな起伏をつけ。端部をわずかに外に反…
  • 高8.8㎝ 口径10.2㎝ 高台径5.0㎝
  • 1口
  • 京都府京都市上京区小川通寺之内上る本法寺前町
  • 重文指定年月日:20110627
    国宝指定年月日:
    登録年月日:
  • 財団法人不審菴
  • 国宝・重要文化財(美術品)

桃山時代に岐阜県の美濃窯で製作された瀬戸黒茶碗。瀬戸黒は、鉄釉を施し、焼成中に窯から引き出すことによって漆黒色となることから瀬戸黒と呼ばれ、茶碗のみを製作した。本作品の箱には、利休筆と伝えられる「小原木」銘が記される。和物茶碗の出発点となった瀬戸黒茶碗を代表する優品。

瀬戸黒茶碗(小原木)

ページトップへ