円覚寺舎利殿 えんがくじしゃりでん

建造物 宗教建築 / 室町 / 関東

  • 神奈川県
  • 室町中期/1393-1466
  • 桁行三間、梁間三間、一重もこし付、入母屋造、こけら葺
  • 1棟
  • 神奈川県鎌倉市山ノ内
  • 重文指定年月日:18990405
    国宝指定年月日:19510609
  • 円覚寺
  • 国宝

円覚寺は、弘安5年(1282)に北条時宗によって創建された寺で、舎利殿は室町時代中頃に建立された物と考えられている。禅宗とともに伝来した宋の建築様式・唐様を採用した仏堂として日本最古のものであり、かつ最も純粋な姿を示すものである。

円覚寺舎利殿

ページトップへ