黒田家住宅(静岡県小笠郡小笠町) 米蔵 くろだけじゅうたく こめぐら

建造物 住居建築 / 江戸 / 中部

  • 静岡県
  • 江戸末期/1801-1900
  • 桁行9.1m、梁間4.6m、切妻造、前面庇附属、桟瓦葺
  • 1棟
  • 静岡県菊川市下平川862番地1号
  • 重文指定年月日:19930420
    国宝指定年月日:
  • 重要文化財

黒田家は、御前崎の西北の小笠町にあり、江戸時代に代官をつとめた。
 屋敷地は、周囲を濠で囲んだ構成などに江戸時代以来の姿をよくとどめ、敷地内の建物は、代官屋敷の構成を残すものとして貴重である。
 既に指定されている主屋、長屋門に、屋敷地及び十九世紀中期建築の米蔵、東蔵を追加指定して、屋敷構え全体の保存をはかる。

黒田家住宅(静岡県小笠郡小笠町) 米蔵 くろだけじゅうたく こめぐら

ページトップへ