大鐘家住宅(静岡県榛原郡相良町) 主屋 おおがねけじゅうたく しゅおく

建造物 住居建築 / 江戸 / 中部

  • 静岡県
  • 江戸中期/1701-1800
  • 桁行19.2m、梁間12.9m、切妻造、四面庇付、桟瓦葺
  • 1棟
  • 静岡県牧之原市片浜1032番地
  • 重文指定年月日:19730602
    国宝指定年月日:
  • 重要文化財

大鐘家は大庄屋を勤めた旧家である。 現在瓦葺の屋根はもと草葺であった。間取りは復原すると大きな部屋の四間取りとなり、静岡県西部の基本型を良く示している。 梁組は極めて雄大である。 長屋門も屋敷構の一環として重要である。

大鐘家住宅(静岡県榛原郡相良町) 主屋 おおがねけじゅうたく しゅおく

ページトップへ