上鴨川住吉神社の神事舞 かみかもがわすみよしじんじゃのしんじまい

民俗 無形民俗文化財 / 近畿

  • 選択年月日:19700608
    保護団体名:住吉神社神事舞踊保存会
    備考:上鴨川住吉神社神事舞 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
  • 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 住吉神社の祭りに行なわれ、宮座制のもとに伝承されてきた神事芸能で、中世の田楽、能舞などの遺風をよく伝えるものとして貴重である。
 まず、宵宮では、「太刀舞」「獅子」「田楽舞」「扇舞」「高足」などを演じ、続いて翌日の本祭には、これらの曲目の後に、「翁舞」として猿楽風な曲が舞い、語られる。特に「高足」「翁舞」などは芸能史上特色がいちじるしい。

上鴨川住吉神社の神事舞

ページトップへ