脇指 銘 広光 わきざし ひろみつ

工芸 金工 / 南北朝

  • 日本
  • 南北朝時代
  • 長40.2㎝ 反0.5㎝
  • 一口
  • 東京都港区南青山6-5-144
  • 根津美術館
  • 重要美術品

平造り大振りの寸延短刀である。広光は相模国正宗の弟子または子と伝える。その二字銘には、角張る書体と、このように丸みのあるものがある。後者は広光の後期すなわち延文頃(1356〜60)とみられる。地肌は板目に地斑が交じり、刃文は丁子文を主調とした皆焼となり、沸が強く金筋と砂流しが入る。あたかも真夏の入道雲が大空に湧き上がるように、粗めの沸が躍動感を見せている。

脇指  銘 広光 わきざし ひろみつ

ページトップへ