色絵籠目貼付龍文香炉 いろえかごめはりつけりゅうもんこうろ

佐賀県

  • 三川内焼ヵ
  • みかわちやき
  • 佐賀県
  • 明治時代初頭頃(19世紀末期)
  • 磁製
  • 高13.0cm 口径5.0cm
  • 1口
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 公益財団法人鍋島報效会

龍や籠目の純白な磁肌が器表の赤地と美しい対比を見せる香炉。三川内焼には捻り細工のほか、卵殻手と呼ばれる薄手白磁や、呉須絵を施した白磁染付類に見るべきものが多い。焼造する器種も多く、天保元年(1830)から昭和20年代までは食器類などを海外へ輸出している。本品は赤絵金彩を施しているため有田焼の可能性も考えられるが、精緻な細工が見事である。

色絵籠目貼付龍文香炉 いろえかごめはりつけりゅうもんこうろ

その他の画像

全2枚中 2枚表示

色絵籠目貼付龍文香炉色絵籠目貼付龍文香炉
ページトップへ