はな

絵画 油彩画 / 昭和以降

  • 三岸好太郎 (1903-1934)
  • みぎし こうたろう
  • 昭和8年/c.1933
  • 油彩・キャンバス(合板で裏打)  額装
  • 縦92.0×横61.7cm
  • 第5回独立美術協会展 東京府美術館 1935(遺作陳列)


Flowers
1933年頃
北海道立三岸好太郎美術館蔵[O-61]

青系の色の上に白をのせ、ひっかき線で花瓶に生けられた花を表しているが、さらに太い黒い描線でいくつもの眼のように見えるグロテスクで不気味な花も描いている。奇怪ともいえる印象から、“おばけの花”と呼ばれたこともあった。

花 はな

ページトップへ