恩賜箱根公園 おんしはこねこうえん

名勝 / 明治 大正 昭和以降 / 関東

  • 神奈川県
  • 神奈川県足柄下郡箱根町
  • 登録年月日:20130801
    管理団体名:
  • 登録記念物

芦ノ湖の「塔ヶ島」は,明治時代に新築された「箱根塔ヶ島(とうがしま)離宮(りきゅう)」の敷地にあたる。明治19年(1886)に完成し,同23年(1890)に「箱根離宮」へと名前が改められたが,大正12年(1923)の関東大震災により甚大な被害を受けた。昭和5年(1930)の北伊豆地震により再び被災し,大半の建築が取り壊された。昭和20年(1945)に跡地が神奈川県に下賜され,公園として一般公開された。芦ノ湖,箱根(はこね)外輪山(がいりんざん),富士山などを望見できる良好な立地にある。正面の傾斜面に設けられた園路,馬場跡,塔ノ鼻広場,二百階段など往時の箱根離宮の施設の痕跡が残されているほか,当時の地形,施設の痕跡を生かした公園整備が行われていることから,近代における造園文化の発展に寄与した意義深い事例である。

恩賜箱根公園 おんしはこねこうえん

その他の画像

全2枚中 2枚表示

恩賜箱根公園恩賜箱根公園
ページトップへ