龍造寺隆信像 りゅぞうじたかのぶぞう

絵画 日本画 / 安土・桃山 / 佐賀県

  • 安土・桃山時代~江戸時代
  • 紙本着色
  • (本紙)縦77.1cm 横47.0cm (表装)縦163.2cm 横72.1cm
  • 1幅
  • 佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
  • 公益財団法人鍋島報效会

戦国時代、肥前を中心に西北部九州を領有した龍造寺隆信(1529~84)の肖像画。本紙の損傷が激しいが、どっぷりとした体躯と張りのある面貌は「大肥満の大将」(「北肥戦誌」)という姿と「小節に拘はらず、神気強盛」(「泰巌公御年譜」)と伝わる内面すらイメージさせる。
大正7年に鍋島家内庫所で編集された御道具帳によれば「法雲院様御真影 右ハ宗龍寺ヘ直茂公御寄附」とあり、隆信のもとで武功を重ねた有力家臣の鍋島直茂(1538~1618)が隆信の菩提を弔うために建立した宗龍寺(そうりゅうじ)に寄進したものとされている。宗龍寺にも同図様のものが伝来している。
本像を納める木箱の蓋裏には「安政元年歳次甲寅斉正公御表装 現住智産代」との墨書があることから、10代佐賀藩主鍋島直正(斉正/1814~71)が安政元年(1854)に表装し直したことがわかる。

龍造寺隆信像 りゅぞうじたかのぶぞう

ページトップへ