書状 しょじょう

その他の美術  / 安土・桃山

明智光秀の重臣斎藤利三の家臣岸三郎兵衛が「おまつ」という女性に出した返書。内容からおまつは三郎兵衛の妻と推測される。自らと恐らくは一緒に伴っていた「おまた」「おせん」等の娘の息災を伝えている。

書状

ページトップへ