蘇悉地羯羅経 そしつじからきょう

 / 奈良  平安 / 近畿 

和歌山県
奈良~平安
和歌山県伊都郡高野町大字高野山132
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
高野山学園
国宝・重要文化財(美術品)

これら三種の写経は、もと京都の勧修寺大蔵経のうちとして伝来したもので、いずれも書写奥書はないが、『大〓盧遮那経』は奈良末期の写経、『金剛頂経』は平安中期の写経、『蘇悉地経』は奈良中期の写経である。これら三経には文中に平安時代にほどこされた白・朱などの訓点や註記が多い。そのうち『大〓盧遮那経』の白訓点は平安初期の第二群点(南都喜多院点)の変種とみられ、従来未見の珍しい訓点である。『金剛頂経』の朱点は治安年間と長元六年(一〇三三)加点の仁和寺円堂点とみられる。『蘇悉地経』には角筆点を含む七種の訓点が認められる。それらのうち最古は長保頃の薄い白訓点で、最も下るのは天仁元年(一一〇八)加点の朱点で、これらは総じて仁和寺を中心としたものである。これら訓点は国語史資料として価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

蘇悉地羯羅経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

妙法蓮華経玄賛巻第六
続華厳経略疏刊定記巻第五
妙法蓮華経巻第一至巻第八
大日経開題
大乗掌珍論 巻上残巻
ページトップへ