永田町馬場 ながたちょうばば

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画  油彩画 / 大正 / 日本  九州  佐賀県 

高木背水 (1877-1943年)
たかぎはいすい
大正初め頃/20世紀初頭
画布・油彩 額装
竪83.0cm 横75.0cm
1面
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

東京永田町の鍋島邸は明治25年(1892)に落成し、12代鍋島直映によって乗馬稽古のため敷地内に馬場も造営された。11代直大夫人栄子所用の夫人乗馬服が現存しているが、このような場所で実際に乗馬を楽しんだのであろう。この馬場を描いた高木背水(1877~1943)は佐賀出身の洋画家で、明治30年(1897)からは鍋島侯爵家の玄関番書生として仕えながら白馬会洋画研究所に通った。11代鍋島直大の姉である松平慈貞院の世話により明治37年には渡米し、大正2年(1913)には東京永田町鍋島邸の一隅に画質を設け背水画塾を開いた。

作品所在地の地図

関連リンク

永田町馬場チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島直映肖像
鍋島直映肖像

高木背水

鍋島栄子像
鍋島栄子像

高木背水

南フランス風景
南フランス風景

高木背水

鍋島直大像
鍋島直大像

百武兼行

徴古館開館式式辞
ページトップへ