金銅羯磨 こんどうかつま

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

鎌倉
鋳銅製鍍金。中央鬼目のまわりに蓮弁をめぐらして座とし、四方に八角形三条の紐を約した八用素弁の方蓮把付きの三鈷を出している。鈷は匙面取りを施し、形は張り強く、中子はやや長…
径16.5 中央鬼目径3.5 厚1.9 鈷張5.0 (㎝)
4口
重文指定年月日:19580208
国宝指定年月日:
登録年月日:
宗教法人教王護国寺
国宝・重要文化財(美術品)

本羯磨は、教王護国寺相承の御修法道具として伝来した五鈷鈴、五鈷杵、金剛盤の三種(国宝・密教法具)と共に伝えられてきたものであるが、様式的にはやや時代が下り、鎌倉時代初期の製作と考えられる。

関連リンク

金銅羯磨チェックした作品をもとに関連する作品を探す

羯磨
羯磨
金銅五鈷杵
五鈷杵
金銅三鈷杵
ページトップへ