旧香港上海銀行長崎支店 ほんこんしゃんはいぎんこうながさきしてん

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 九州 

長崎県
明治/1904
煉瓦及び石造、建築面積364.4m2、三階建、桟瓦葺
1棟
長崎県長崎市松ヶ枝町4番27号
重文指定年月日:19900319
国宝指定年月日:
長崎市
重要文化財

香港上海銀行は、明治二十五年長崎に支店を開設した。現在の社屋は下田菊太郎の設計によって明治三十七年に完成した。この支店は昭和六年に閉鎖された後、警察関係の庁舎として用いられ、その後、長崎市立歴史民俗資料館になった。
 建物は煉瓦造、三階建であるが、前面は石造とし、正面に特に意をもちい、一階部分をアーケードとして出入口を設け、二、三階部分を通してコリント式の円柱を建てた大オーダーとし、上に切妻破風をあげ、正面のデザインをこらしている。
 旧香港上海銀行長崎支店は、銀行建築として、重厚で端正な意匠になっており、長崎の海岸通りに建つ規模が大きい建物として欠かせない存在である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧香港上海銀行長崎支店チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧香港上海銀行長崎支店
旧長崎税関下り松派出所
旧長崎英国領事館 本館
旧長崎英国領事館 職員住宅
旧長崎英国領事館 附属屋
ページトップへ