出羽仙台街道中山越 でわせんだいかいどうなかやまごえ

その他の画像全4枚中4枚表示

史跡 

2県以上
大崎市鳴子温泉、最上郡最上町
指定年月日:19900222
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

出羽仙台街道中山越は奥州街道から分かれて出羽に通ずる峠越の一つで、江合川の北岸沿いに、現在の国道47号線・国鉄陸羽東線と並行して走る。奥州街道吉岡宿(宮城県黒川郡大和町)より分岐し、中新田(加美郡中新田町)、岩出山(玉造郡岩出山町)、鳴子(同郡鳴子町)、境田(山形県最上郡最上町)を経て、羽州舟形(同郡舟形町)に通ずる道である。古代においても、本街道が走る江合川沿いの狭隘な低地は、蝦夷征討のために多賀城より出羽柵に赴く道路であった。
 本街道は参勤交替路ではなかったが、元禄12年(1699)の「仙台藩御領分絵図」に明示されており、文化文政以後は沿道の鳴子が湯治場として利用されることが多くなり、鳴子周辺の銅山開発が行われたこともあって賑わいをみせた。街道の宿駅の一つである尿前(鳴子町)には、伊達藩の番所が置かれ、現在その屋敷跡が確認されている。
 元禄2年(1689)3月、門入の河合曽良を同道して奥州行脚に出立した松尾芭蕉は、平泉(岩手県平泉町)から引き返し出羽の尾花沢(山形県尾花沢市)に出ようとして、この街道を通った。5月14日岩手山に1泊、翌日鳴子、尿前関を通過した。当時はまだ人のあまり通らない道であったようで、関守に怪しまれてようやくにして通ることができたと芭蕉は「奥の細道」に書いている。
 本街道のうち今回指定するのは、主として宮城県鳴子町分で、これに一部山形県最上町分が加わる。国道等と重複している部分を除き、全延長4・2キロメートルを指定対象地とした。昭和52年度以来、現地調査や関係史料の収集に努め、道筋を確定し、現在廃道になってい…

作品所在地の地図

関連リンク

出羽仙台街道中山越チェックした作品をもとに関連する作品を探す

陸奥上街道
国頭方西海道
仙台藩花山村寒湯番所跡
智頭往来<BR/> 志戸坂峠越
旧有路家住宅(山形県最上郡最上町)
ページトップへ