寺西家阿倍野長屋 てらにしけあべのながや

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

大阪府
昭和前/1932
木造2階建、瓦葺、建築面積201㎡
1棟
大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-50-52
登録年月日:20031201
登録有形文化財(建造物)

大正~昭和期開発の住宅地に建つ。構造上は左右2軒ずつに分割され,間に防火壁を立ち上げている。各戸毎に妻入の玄関部を設け,背面側に坪庭を配する。2階を接客用空間とする点や,当初から各戸に風呂を設ける点が特色で,戦前の長屋建築の好例である。

作品所在地の地図

関連リンク

寺西家阿倍野長屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寺西家住宅蔵
寺西家住宅主屋
萬代家住宅主屋
西川家長屋
佐野家住宅主屋
ページトップへ