Tetsuyuukachomonotsubo

鉄釉花鳥文大壷

Details

Tetsuyuukachomonotsubo

鉄釉花鳥文大壷

陶芸 / 昭和以降

原清  (1936~)

はら きよし

平成17/2005

鉄釉陶器

高37.5 径37.0

1口

文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)

第52回日本伝統工芸展

国(文化庁)

 鉄釉陶器は、釉に含まれている鉄分によって黒色・茶色・黒褐色・柿色等に呈色させる陶芸技法である。鉄釉による陶器は、天目とも呼ばれる。鉄釉陶器の技法は、東洋で独自に発展を示したものであり、古来、中国各地で作られ、その影響で日本や東南アジア等で作られるようになった。
 作者は、端正な器形に、草花や鳥のような愛らしいモチーフを組み合わせ、緊張感と叙情性が共存する作品を目指しているという。
 本作品では、量感ある壺に黒と茶色の二色の鉄釉を重ね掛けし、花鳥文を大らかに描き出している。                                                                                                                                                           

Related Works

Search items related to work chosen