Takahashikejuutaku Bunkogura

高橋家住宅(青森県黒石市中町) 文庫蔵

Details

Takahashikejuutaku Bunkogura

高橋家住宅(青森県黒石市中町) 文庫蔵

住居建築 / 江戸 / 東北

青森県

江戸後期/1751-1829

土蔵造、桁行5.7m、梁間7.5m、2階建、切妻造、東面庇付、鉄板葺

1棟

青森県黒石市大字中町38番地

重文指定年月日:20041210
国宝指定年月日:

重要文化財

高橋家は,藩にも出入りした有力な米穀商で,黒石市街に店を構えている。
 宝暦から明和年間に建設された主屋は,切妻造,妻入で,前面に「こみせ」を設け,津軽地方における基準的な商家として重要文化財に指定されている。
 宅地奥に並んで建つ米蔵・味噌蔵と文庫蔵は,主屋と同じく江戸後期に建てられた。米蔵・味噌蔵は平屋建,切妻造,文庫蔵は2階建,切妻造,ともに土蔵造,平入で,前面に板壁で囲った庇を付けている。
 これらは,主屋と一体となって屋敷構えを形成しており,商家の構成を知る上で貴重である。主屋や土蔵の建設を示す文書計5点も附指定として保存を図る。

Related Works

Search items related to work chosen