赤絲威鎧〈兜、大袖付/〉 あかいとおどしよろい〈よろい、おおそでつき〉

工芸 / 鎌倉 / 近畿 

鎌倉
黒漆塗り鉄革小札一枚交じり、赤糸威し、耳糸亀甲打ち、畦目啄木、菱縫威毛に々、胴立挙共六段、草摺脇楯共四間五段。金具廻り、革所牡丹獅子染革包、小縁紅五星韋、伏組茶白藍の三…
胴高64.7 兜鉢高12.0 大袖高45.5 (㎝)
1領
重文指定年月日:19270425
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:
春日大社
国宝・重要文化財(美術品)

鎧の時代が頂点に達し、実用から遠ざかって威儀化した鎌倉時代末期の特色が著しいが、櫛引八幡宮の赤糸威鎧と共に、豪華を極めた装飾金物で著名な一領である。

関連リンク

赤絲威鎧〈兜、大袖付/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒韋威肩白胴丸〈大袖・喉輪付/〉
黒韋威胴丸 兜、大袖付
白絲威褄取鎧〈兜付/〉
色々威腹巻〈大袖付/〉
赤韋威鎧〈兜、大袖付/〉
ページトップへ