中右記部類〈巻第五、第九、第廿、第廿八/〉 ちゅうゆうきぶるい

その他の美術 / 平安 / 近畿 

奈良県
平安
4巻
天理大学附属天理図書館 奈良県天理市杣之内町1050
重文指定年月日:19780615
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人天理大学
国宝・重要文化財(美術品)

三件共、いずれも右大臣藤原宗忠の日記中右記の部類記(日記の記事を項目別に分類したもの)の現存最古写本として著名な九條家旧蔵本の僚巻である。九條家旧蔵本の現存するものは十三巻で、本件を除く六巻が宮内庁書陵部の有に帰している。各巻とも同一時の筆写と認められ、紙背文書によって平安時代最末の書写になることがわかる。紙背の漢詩集も他に伝わらないもので、国文学史上に注目され、公卿補任も異本系に属する平安時代唯一の古写本である。

作品所在地の地図

関連リンク

中右記部類〈巻第五、第九、第廿、第廿八/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

知信記〈天承二年春記/〉
台記〈保延五年二月二十三日列見記/〉
日本書記巻第十残巻
医心方(半井家本)
大鏡〈巻第二、五、七/〉
ページトップへ