今戸瓦焼図 いまどかわらやきず

絵画  油彩画 / 江戸 / 日本 

亜欧堂田善筆
あおうどうでんぜん
江戸時代
絹本油彩
40.8×65.6cm
池長孟コレクション

 今戸は隅田(すみだ)川の西岸で、都鳥の名所であった。『江戸名所図会』に、「今戸には、土をこね、瓦(かわら)造りならべてほしければ やかぬまは露やいとはむ下瓦 杉風」とあるように、瓦焼きは今戸の名物になっていた。
 煙が立ちのぼる窯を中心に、こてを手にする人物と火掻(か)き棒で火を掻く人物が左右に描かれ、後ろを流れる隅田川には、漁をする船や屋形船が見える。遠くに見えるのは浅草寺の門前に通じる大川橋で、銅版画にも本図とほとんど同構図の作品がある。田善(でんぜん)(1748~1822年)は本名を永田善吉といい、亜欧堂、田善は号である。田善は文化年間(1804~1818)を中心に活躍したが、人物や風景の描写は江漢より自然で洗練されている。

作品所在地の地図

関連リンク

今戸瓦焼図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三圍景
三圍景

司馬江漢画

三囲の図
三囲の図

亜欧堂田善筆

大日本金龍山之図
大日本金龍山之図

亜欧堂田善画

[江戸名勝図]○今戸瓦焼之図
絹本著色相州鎌倉七里浜図〈司馬江漢筆/二曲屏風〉
ページトップへ