髹漆 きゅうしつ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆芸 

指定年月日:19740420
重要無形文化財

髹漆は、漆塗【うるしぬり】を主とする漆芸技法であり、素地【そじ】の材料の選択に始まり、下地工程を経て、上塗・仕上げ工程に至る幅広い領域にわたり、漆芸の根幹をなす重要な技法である。素地の材料には木材、竹、布、和紙、皮革等があり、各材質の特色を生かして下地、上塗を施す。上塗・仕上げには、塗面を磨かず塗放【ぬりはなし】で仕上げる塗立【ぬりたて】(花塗【はなぬり】)、磨いて光沢を出す呂色塗【ろいろぬり】など多くの種類がある。
 髹漆は、最も早く始められた漆芸技法であり、現在では、立体的な造形と漆の塗肌の味わいや光沢を生かした活発な制作が行われている。

関連リンク

髹漆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

乾漆朱輪花盤
乾漆朱輪花盤

増村益城

髹漆技術記録
髹漆技術記録

増村益城

津軽塗
建造物漆塗
沈金
ページトップへ