紙本金地著色萩芒図 長谷川等伯筆六曲屏風 しほんきんじちゃくしょくはぎすすきず はせがわとうはくひつ ろっきょくびょうぶ

その他の画像全7枚中7枚表示

日本画 / 安土・桃山 / 近畿 

長谷川等伯
京都府
桃山/16世紀末~17世紀初頭
紙本金地著色 屏風装
(各)縦 156.2㎝ 横 361.8㎝
一双
相国寺承天閣美術館 京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701番地
京都市指定
指定年月日:20110415
宗教法人相国寺
有形文化財(美術工芸品)

6曲1双の総金地の屏風に,秋草の萩と芒を描く作品である。両隻の端に押される「等伯」印は,桃山時代に活躍した絵師,長谷川等伯(1539~1610)の基準印で,慶長4~8年(1599~1603)まで使用が確認されるため,本図もこの時期の制作と考えられる。右隻には白い花を付けた萩が,左隻には芒が描かれている。両隻とも右から左へ吹き抜ける風が表現されており,丁寧な描写と卓越した構成力,加えて背景の金地の効果で,たいへん華やかな画面となっている。等伯の金地著色画(金碧画)といえば,智積院障壁画(国宝)が有名だが,現存作品数は少なく,本図は数少ない等伯の金碧画として貴重である。

関連リンク

紙本金地著色萩芒図 長谷川等伯筆六曲屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色牧馬図〈長谷川信春筆/六曲屏風〉
源平合戦図屏風 二曲一双
紙本金地著色南蛮人渡来図〈/六曲屏風〉<BR/>紙本金地著色世界及日本地図〈/六曲屏風〉
紙本金地著色並笛図 六曲屏風  一隻 
牧馬図屏風
牧馬図屏風

長谷川等伯筆

ページトップへ