石の宝殿及び竜山石採石遺跡 いしのほうでんおよびたつやまいしさいせきいせき

その他の画像全3枚中3枚表示

史跡 / 古墳  飛鳥  奈良  平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸  明治  大正 / 近畿 

兵庫県
古墳末〜近代
兵庫県高砂市
指定年月日:20141006
管理団体名:高砂市(平27・3・11)
史跡名勝天然記念物

兵庫県の瀬戸内海に注ぐ加古川(かこがわ)西岸河口近くの竜山石と呼ばれる凝灰岩(ぎょうかいがん)からなる,古墳時代から現代に至るまでの採石遺跡。
ここには,石の宝殿と呼ばれる竜山石の岩盤を掘り込んだ遺構がある。幅約6.5m,高さ約5.6m,奥行約5.6mの直方体で,後面に突起部が付き重量は推定465トンで,7世紀の横(よこ)口式(ぐちしき)石槨(せっかく)を製作しようとした跡との説が有力である。現在,石の宝殿は生石(おうしこ)神社の御神体となっている。12世紀の文献では,「生石(おうしこの)大神(おおかみ)」と記されて人知の及ばないものとして信仰の対象となり,近世には延べ140名の西国大名らが参詣し,シーボルトが著書『日本』にスケッチを掲載している。
竜山石の採石は古墳時代に始まり,前期古墳の石室材,中期には巨大古墳に採用された長持形(ながもちがた)石棺(せっかん)の石材,後・終末期には家形石棺の石材となった。古代には京都府恭(く)仁宮(にきゅう)の礎石(そせき)建物(たてもの),中世では石塔,板碑(いたび),石仏などの石造物に,近世には木造建築物の基礎石や,墓標・道標・鳥居などの石材となった。
竜山石は古墳時代から現代まで採石活動が行われており,なかでも石の宝殿は7世紀の採石技術を知る上で希少な遺構で,中世までには生石神社が創られ,信仰の対象となり,現代に至る稀有な例でもある。しかも,採石活動は時代ごとに用途や流通の範囲を変えながら生産・加工され,採石技術の変遷と流通の変化を知る上でも重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

石の宝殿及び竜山石採石遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下里・青山板碑製作遺跡
江戸城石垣石丁場跡
新上五島町崎浦の五島石集落景観
二子塚古墳
浦山古墳
ページトップへ